1. ホーム
  2. 主な公園のご案内
  3. 春光台公園

自然とのふれあい、野外のレクリエーション

春光台公園

春光台公園メイン画像_2013_07

市の中心部から北約5kmに位置し、なだらかな丘陵地に帯状に設けられた眺望の優れた公園です。

旧軍の演習地の一部を戦後、大蔵省から借り受け(その大部分は市有地として取得)、昭和24年に都市計画決定されましたが、全体に樹木が少なく、未整備でありました。

道道で分断されている公園の西側部分に昭和45年から「市民の森」として、市民の手で約1,800本の樹木を植栽し森を造成するとともに、昭和58年からはキャンプ場や冒険広場、宝くじ遊園等が造成され広く市民に利用されています。 平成21年7月にはパークゴルフ場(2コース)が新設オープンしました。また、園路等の整備が完了し、「環境学習広場駐車場」から「ミズバショウ観察デッキ」~「展望広場」~「寄生木の碑広場(蘆花寄生木ゆかりの地)」までは、車椅子での通行が可能になりました。

明治45年2月、オーストリアのレルヒ中尉が来旭し、現在の春光台公園スキー場で師団や旭川中学(現旭川東高校)の学生に「オーストリア流の単杖スキー術」の指導をした記録があります。

※公園名変更 鷹栖公園 → 春光台公園 (平成3年4月1日)

主な施設 主な碑
市民の森 蘆花寄生木ゆかりの地(徳富蘆花)
冒険広場(フィールドアスレチック20基) 北海道スキー発祥之地
キャンプ場 軍用水道碑
宝くじ遊園 治水の碑
歩くスキーコース(5km) 若山牧水歌碑
パークゴルフ場 三浦綾子「道ありき」文学碑
文学の小径  
管理事務所、駐車場  
所在地 旭川市字近文5・6線3号~5線5号
交 通 無料駐車場あり。
道北バス(春光台・江丹別・鷹栖方面行、療育センター下車)
開設・公園の種類・面積 昭和24年3月31日・総合公園・52.42ha
桜の開花情報

春光台公園ガイド(パンフレット)

春光台公園からのお知らせ

春光台公園